売れない時代は「チラシ」で売れ! 個人サロン おすすめ ビジネス本


6月になりましたね。

ちょっと本来のブログに

戻って

個人サロンを経営されている方向けの

おすすめ本を紹介していきます。


『売れない時代は「チラシ」で売れ!』

売れない時代は「チラシ」で売れ! (DO BOOKS)
同文館出版
佐藤 勝人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 売れない時代は「チラシ」で売れ! (DO BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

平成23年
著者:佐藤勝人



おすすめ度:★★★★☆

こんな方におすすめ

・チラシの勉強をしたい方

・地域1番店になりたい方

・独自化を目指したい方



小規模の電器屋さんも大変です。

大型店が安売りの価格競争を

していますし、


今はネットで最安値を探せます。

商品が同じであれば

安いほうがいいですもんね。


しかしながら著者は

そんな厳しい電器業界において

地域ナンバーワンになることができたのです。


成功のヒケツは『チラシ


「チラシ~?そんなもの効果ないよ」

と思う方はまだまだ勉強が足りません。
(私もですが・・・^^;)


大手企業がチラシを毎週のように

新聞折込などで入れるのは

「効果」があるから!


「効果」がないんだったら

別の方法をやっていますよね。


そう、

「チラシ」にはやり方があるんです。

その「チラシ」のひみつを紹介しています。


・自社の売り商品を絞る


小規模店では自店の売りを絞る必要があります。

多くの商品やメニューを用意するのは

強者、大型店(会社)の戦略・戦術です。


例)著者のサトーデンキさんでは

「デジカメ」にメイン商品を絞っています。


・チラシで情報開示


割引・安売りだけがチラシじゃない。

チラシの本来の目的は自店を知ってもらうこと。

積極的に自店のアピールをする


例)スタッフの顔やプロフィール紹介
  身近に感じてもらう
  個性を売る


などなど個人店でも参考になることが

いっぱい書いてあります。



~~編集後記:


私が今考えているのが「チラシ」です。

ホームページやブログなど

IT系の集客ももちろんですが


地域に根ざした近くのお客さまからも

来ていただきたいと思います。


いろいろやってみて

やはりチラシ・やポスティングが

けっこう効果があり


「固定客」になっている方が多いので

見直しているところです。


その反面

失敗してまったく効果がなかったこともあり、

もう一度勉強しているところです。^^;


ひよこ









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック