「安い」で売ると「安い客」だけが集まる おすすめ個人サロン向けビジネス本紹介 美容院、美容室、理容室

前回の日記はこちらへ↓
客を選ばない会社は失敗する!


9がつも終わります。

10月に向けて準備していきましょう。


個人サロン、美容院、美容室、理容室、

ヘアサロン、ネイルサロン、エステサロン、

整体院、個人事業主の方向けの


おすすめビジネス本、経営本を

紹介しています。


ぶっちぎりで利益を生み出す

儲ける仕組み



発行:2013年10月
著者:小山昇


おすすめ度:★★★★☆ 4つ星

こんな方におすすめ!

・儲ける仕組みづくりを学びたい方

・儲けるメニュー、商品づくりを学びたい方

・儲ける価格設定を学びたい方



1.中小企業は「スペシャリスト」を目指せ!

2.戦略BASiCSの5要素とは?

3.客を選ばない会社は失敗する!


4回目の紹介です。

前回は個人店はお客さまを選べ!

というお話でしたね。

それではアウトプットをつづけます。



「安い」で売ると「安い客」だけが集まる


自社の広告や宣伝、

そして販売戦略そのものが

「大切な情報発信」という事実を

企業が忘れている



理美容業界では当たり前のように

新規割引が行われています。


そうなると割引目当てのお客さまが

来ることが日常になってしまいます。


2回目で定価になったとたん

リピートしない、


または2回目以降も同じく

割り引くことで定価がなくなっている

というお店も多いですね。

その分、売上、利益が減ってしまいます。



「わが社が求めるお客様へ

一定のメッセージを送り続ける」



これが本来の広告宣伝だと

思います。


値引き競争に付き合わずに

自店に合うお客さまを集客していくことが

大切だと思います。



勉強になった!

続きが読みたい!という方は応援ポチっと!^^


美容室・サロンランキング42位
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

編集後記:

私のお店はオープン当初は

新規割引をしていました。


お客さまは来るんだけれど

リピートしない、


割引目当てのリピートしにくい

お客さまを集めてしまっていたんですね。


新規割引をやめて

自店の特徴や一押しメニューの

お知らせチラシを入れるようになってから


数は減りましたが

リピート率が高いお客さまから

ご来店頂けるようになってきました。


価格を他店よりちょっと上げる、

新規割引をしないことによって

徐々に売上が上がり続けています。


地元で人気のラーメン屋さんや

居酒屋さんは他店よりちょっと高いし

新規割引していないんですよね。


そんな異業種から学んで

真似てみたんです。



ぶっちぎりで利益を生み出す

儲ける仕組み



発行:2013年10月
著者:小山昇


おすすめ度:★★★★☆ 4つ星

こんな方におすすめ!

・儲ける仕組みづくりを学びたい方

・儲けるメニュー、商品づくりを学びたい方

・儲ける価格設定を学びたい方


小山昇氏のほかの著書↓
強い会社はどんな営業をやっているのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック