誰のニーズに何をどのように売るのか? おすすめ個人サロンビジネス本紹介 美容院、美容室、理容室

前回の日記はこちらへ↓
強みと弱みは裏表の関係だ!


9月も半分が過ぎてしまいました。

空き時間を利用して

「読書」していきましょうね。


個人サロン、美容院、美容室、理容室、

ヘアサロン、ネイルサロン、エステサロン、

整体院、個人事業主の方向けの


おすすめビジネス本、経営本を

紹介しています。


無印良品の「あれ」は決して安くないのに

なぜ飛ぶように売れるのか?


無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか?
SBクリエイティブ
江上 隆夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無印良品の「あれ」は決して安くないのに なぜ飛ぶように売れるのか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

発売日: 2014年2月
著者:江上隆夫


おすすめ度:★★★☆☆ 3つ星

こんな方におすすめ!

・安売りをしたくない方

・お店のコンセプトを考えている方

・お店のブランド作りをしたい方



1.無印良品の「あれ」は決して安くないのになぜ飛ぶように売れるのか?

2.やれそうか、やるべきか、やりたいのか

3.強みと弱みは裏表の関係だ!


4回目です。前回は

弱みを強みに変える、

お客様を決める、というお話でしたね。

それではアウトプットを続けます。



だれの(顧客)

ニーズに(市場)

何を(商品、サービス)

どのような形で(ビジネスアイデア)



このようにコンセプトが決まると

お客様、客層、

メニュー、商品、

販売方法が決まってくるんですね。


これがぼやけたままだと

自店が来てもらいたい

お客さまからも気づかれない、


結果、リピートの低いお客さまを

集客することになってしまいます。

コンセプトって非常に重要なんですね。^^;



例)

・ポルシェ

 壊れないプレステージ・スポーツカー


・アスクル

 オフィス必需品の即日配達サービス

・スターバックス

 豊かな時間を本物のコーヒーと
 最高のサービスで創造するコーヒーショップ



「   」は顧客にとって「    」である。


「自店」はお客さまにとって「   」である。


自店はお客さまにとって

「どんな存在なのか」ということです。


じっくりと考えていきたいですね。


例)

「自店」はお客さまにとって

「髪の悩みを解決する髪の医者」ある。


「自店」はお客さまにとって

「髪の医者」である。



コンセプトの重要性から

コンセプトの考え方、


客層、メニュー、商品まで

決まっていくんですね。


非常にわかりやすく

実例をふまえて解説してあります。


コンセプトづくりをしたい方には

おすすめのビジネス本だと

思います。


勉強になった!

続きが読みたい!という方は応援ポチっと!^^


美容室・サロンランキング57位
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

編集後記:

最後の方にも

「エレベーター・ピッチ」といって


エレベーターに乗っている間に

自分や自社(自店)が

どんな特徴があるのか

説明するいうものも

考えさせられますね。


1分、400字以内で

簡潔に述べる。

起承転結をつけるなど。


このようなコンセプトの説明文が

作れれば


ホームページやブログ、

POP、チラシなどのお店の宣伝に

使えますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック