自分より大きな相手に価格勝負はしない 個人サロン向けおすすめビジネス本紹介

前回の日記はこちらへ↓
値上げが中小企業を 幸せにする四つの理由

お盆も終わりましたね。
8月はいかがですか?

これからは涼しくなってきて
読書の秋です。

少しずつ読書して
いきましょうね。


ヘアサロン、ネイルサロン、
エステサロン、

整体院、マッサージ店、
個人事業主の方向けの

おすすめビジネス本、経営本を
紹介しています。

小さな会社・お店のための
値上げの技術

小さな会社・お店のための 値上げの技術
CCCメディアハウス
辻井啓作
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小さな会社・お店のための 値上げの技術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

発行:2014/2/27
著者:辻井啓作

おすすめ度:★★★★☆ 4つ星!

こんな方におすすめ!

・値上げしたい方
・安売り、割引をやめたい方
・小さなお店の方


前回までの日記はこちらへ↓

1.小さな会社・お店のための値上げの技術


2.値上げが中小企業を 幸せにする四つの理由


それではアウトプットを
はじめます。


自分より大きな相手に価格勝負はしない

大型店、チェーン店、
安売り店と価格勝負して
いませんか?

同じ土俵で戦っては
いけませんよ?

重量級、無差別級の
選手相手に

軽量級の個人店が
戦って勝負になりますか?

同じ土俵、同じリングで
戦ってはいけません。

それよりも自店の有利な
土俵、テリトリーで
戦うべきです。


値段のメカニズムから見る
値上げの方法


ステップ1.
「値上げできる商品・サービスを選ぶ」

・お客さんが値段を知らない商品
・市場性があるかどうか
・伝えるべき価値のある商品

・お客さん目線で他所にないかどうか
・ちょっとした価値
・地域基準の価値
・弱点という価値


値上げできる商品・サービスを
選ばなくてはいけないんですね。

例えば
ただ単にカットの値段を
上げるだけではダメなんですね。

そこに価値がある特別な
カットがあればいいんですが

ただ意味もなく1万円に
したって誰もが高すぎると
思うはずです。


ステップ2.
値上げが受け入れられるように
演出する


なぜその値段なのか
価値をお客さまに
知ってもらわないと
いけないんですね。

他店より高ければ
なおさらです。

その価値を
いろいろな方法で
伝えていかなくては
ならないんですね。


続きが知りたい!という方は
応援ポチっと!^^

美容室・サロンランキング62位
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

編集後記:

どこにでもある
商品・サービスばかり
ですから

ただ単に値段を上げる
というのは

実際には非常に
むずかしいことだと
思います。

でも安売りのままで
薄利多売でずっとやっていける
自信、体力はありますか?

私は無理です。(笑)

ということで
少しずつ値段を上げて
いきました。

安くしたら人が来るというのは
間違いです。

確かにはじめのうちは
来るでしょう。

でも安さ目当ての
リピートしにくいお客さん
ですよ?

それなのに
要求は細かい、

態度もよくない、

時間にルーズ、
半年に1回しか来ない。

そんな仕事で
いいんですか?

田舎だからしょうがないって
言ってられないんです。

何か行動を起こして
行かないと

私たち個人サロンは
変わりません。

1人で全部担当するって
いうことは

本来は価値が高いことなんです。

だって例えば
歯医者さんがずっと
つきっきりで

全部治療して
親切、丁寧にやってくれたら
うれしくないですか?

お寿司屋さんだって
目の前で全部手作りして

やってくれるお店は
高いでしょう?

高級腕時計は
専門も職人さんが
一から全部手作りするんです。

1人で全部やるから
時間がかかるから
非常に高いんです。

ほら、
1人で全部やるって
非常に価値が高いこと
でしょう?

カウンセリングから
シャンプー、カラー、パーマ、
カット、トリートメントから

マッサージ、仕上げまで
全部1人でやってたとしたら
どうですか?

熟練の職人さん、
スタイリストさんが
やってくれるとしたら

本当はすごい価値なんですよ。

なのに安易に
安売りしちゃう。

大事な毎月来てくれる
おきゃくさんじゃなくて

新規のおきゃくさんを
値引きしちゃう。

ほんとうにおかしい
業界です。

で、お客さんが
来ないから割引して

広告屋さんに大金を
毎月払ってる。

これじゃあ儲かるわけ
ありません。

本当の価値のある
仕事ってやつを
見直していきたいですね。

個人店の方が
実はしっかり儲かるっていう

楽しくてやりがいのある
素晴らしい業界にして
いきたいですね。

そのためには
自分で勉強しなくては
いけません。

広告代理店の
言いなりになってたら
彼らの思うツボです。

彼らにイニシアチブを
取られて

広告代が値上げしても仕方なく
受け入れてるでしょう?

安易に丸投げしちゃうから
そういうことになるんです。

うまくいってた時は
いいですよ。

でも広告屋さんだって
売上が落ちてるんです。

新規のお店だって
頭打ち状態ですからね。

だから売上減を
補うために

値上げして
粗利を増やしてるんです。

ネット媒体にしたら
紙よりお金かからない
ですからね。

ネットなんか
紙と違ってお金かからないから
ウハウハですよ?

それでリピート率の
低い広告屋さんの中だけで
使えるポイント狙いのお客さんが

ウロウロと回遊
しているだけなんです。

それでうまくいっている
お店ならいいんですよ。

でも本来自分たちが
使える粗利、利益を
削って

広告屋さんに
毎月毎月
献上してるんですよ。

なんという
いい人でしょう。

いわゆる
鴨ネギですね(笑)

だから毎月のお小遣いを
少しでも自分に投資して

勉強していかなくちゃ
いけないんです。

ただ新しい価値を
求めるだけで

今度は道具屋さん、
理美容ディーラーさんの
言いなりになって

新しい新商品を
入れ替えてるだけでは
ダメですよ?(笑)

これまた鴨ネギです。

だってほかのお店に
だって同じものを
卸してるんですから

全然
差別化、独自化に
なっていませんからね。

じゃあどうすれば
いいんですか?

頭にきますよね、
悩みますよね。

悩んで悩んで
考えましょう!

惰性ほど
怖いものは
ありません。

ゆでガエルです。

気づいたら
茹で上がって
死んでたなんて
シャレになりません。

閉店ガラガラに
なったら元も子も
ありません。

ちょっとずつ
コツコツでいいので
勉強していきませんか?

何も東京まで
セミナーにいかなくたって
いいんです。

それで売上
上がりましたか?

足りないのはおそらく
読書です。(笑)

2千円もしないで
買えるんですから

パチンコで2万円も
すってる場合じゃないですよ?


小さな会社・お店のための
値上げの技術

小さな会社・お店のための 値上げの技術
CCCメディアハウス
辻井啓作
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小さな会社・お店のための 値上げの技術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

発行:2014/2/27
著者:辻井啓作

おすすめ度:★★★★☆ 4つ星!

こんな方におすすめ!

・値上げしたい方
・安売り、割引をやめたい方
・小さなお店の方


前回までの日記はこちらへ↓

1.小さな会社・お店のための値上げの技術


2.値上げが中小企業を 幸せにする四つの理由


前回の日記はこちらへ↓
値上げが中小企業を 幸せにする四つの理由

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック