弱者には弱者なりの戦い方がある おすすめ個人サロン向けビジネス本紹介 美容院、美容室、理容室、ネイル

前回の日記はこちらへ↓
強い会社はどんな営業をやっているのか?


あと1週で9月に入ります。

繁忙期から閑散期へと

移ります。


しっかりと次なる準備期間と

していきましょう。


秋の夜長に「読書」は

いかがですか?^^


強い会社はどんな営業をやっているのか?

強い会社はどんな営業をやっているのか?
あさ出版
小山 昇

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 強い会社はどんな営業をやっているのか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

おすすめ度:★★★★★ 5つ星!

こんな方におすすめ!


・地域シェアを上げたい方

・中小企業の戦い方を知りたい方

・ランチェスター戦略に興味がある方



2回目です。


1. 強い会社はどんな営業をやっているのか?


前回は中小企業(個人店)は

サービス内容や客層の範囲を絞って

深化(深堀り)せよ。

でしたね。


それではアウトプットを

続けます。



弱者には弱者なりの戦い方がある


中小企業の戦い方のひとつは

ランチェスター戦略」。


自社の強みを伸ばす。

「敵を知り己を知らば百戦危うからず」


自店の長所(強み)を伸ばす。


そして

敵、競合店、ライバル店、

大型店、チェーン店、安売り店の

経営方法をよく知ること。


自店の長所を伸ばして

敵の弱点を突くことですね。



捨てることで勝機が生まれる


思い切ってサービス、客層、商圏を

捨てる、絞る。


自店も「ランチェスター戦略」に則り

サービス、客層、商圏を絞っています。


そのことによりかはわかりませんが

売上は微増し続けています。


特に私たち「個人サロン」に有効な

手法のひとつだと思います。


私の近所の例でいくと

「個人店」で中華料理店のお店は

近くに大型チェーン店ができたとたんに

廃業しました。


その近くの「ラーメン専門店」は

今でも昼は行列です。繁盛しています。


サービス(商品)、客層、商圏を

狭く深く絞った結果だと思います。



勉強になった!

続きが読みたい!という方は応援ポチっと!^^


美容室・サロンランキング51位

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

編集後記:

自分の地域でも

生き残っている、

繁盛しているお店(異業種)が

あると思います。


そういったお店に

足を運んでみると

非常に参考になります。


逆に暇なお店に

行ってみるのも

いい勉強になります。^^;


以前の日記↓
人の店みて我が店なおせ!その4


経営者目線で

自分だったらこうするのになぁ、

私だったらこういう風にするのになぁ

と考えることも大事だと思います。


なんかスタッフさん元気ないなぁ。

自分もこんなんだったらあかんなぁとか。


わしだったらこういう風に

接客するけどなぁ、とか。


すべてが勉強のネタになりますね。^^



強い会社はどんな営業をやっているのか?

強い会社はどんな営業をやっているのか?
あさ出版
小山 昇

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 強い会社はどんな営業をやっているのか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

おすすめ度:★★★★★ 5つ星!

こんな方におすすめ!


・地域シェアを上げたい方

・中小企業の戦い方を知りたい方

・ランチェスター戦略に興味がある方

"弱者には弱者なりの戦い方がある おすすめ個人サロン向けビジネス本紹介 美容院、美容室、理容室、ネイル" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント